ブログ blog

結婚式日取りはどうやって決める?失敗しないためにプロが伝授!

2019年07月17日


結婚式を挙げる事になり、いよいよ準備を始めよう!という段階になって、はたと考えませんか?
結婚式の日取りってどうやって決めたらいいだろう?
特に決めている日はないし来年の秋頃かなぁ・・となんとなく考えている新郎新婦さんや、赤ちゃんを授かったから式だけでも年内に!とお考えの新郎新婦さん、また漠然と「大安」は結婚式に相応しい日と聞くから大安にしようかという方も多いでしょう。それぞれの新郎新婦さんごとに事情も違うので、日取りを決める考え方もそれぞれ違ってくると思います。

いざ実際に式場を探しはじめると、「大安はもう○○日しか空いていない!」とか「良い季節だとこの日だけ空いています」と式場の担当者さんに教えてもらい、「え?そんなに早く埋まってしまうの?大変!とりあえず空いてる日を抑えなきゃ」と慌ててその日に決めてしまうカップルさんが沢山います。
確かに春や秋のいわゆるブライダルのハイシーズン!というと【大安・土曜日・正午】が一番人気ですので、絶対に大安の土曜日希望のみ!など限定して探す予定の新郎新婦さんは早めに動いた方がいいです。
でも、ふたりで話し合う前に日取りを決めてしまい、後でよく話したら本当にやりたい日があったということにならないよう、日取りの決め方のノウハウを覚えて自信を持って、二人にとって一番良い結婚式の日取りを導きだしましょう。

 

【目次】
1、二人の仕事や体調などの事情を考慮する
2、両家のスケジュールを確認しておく
3、六輝をチェックする
4、誰にいつごろ結婚の報告するか?をすり合わせておく
5、「結婚記念日」について話しておく

 

1、二人の仕事や体調などの事情を考慮する

新郎、新婦それぞれお仕事や生活事情などは違うと思います。
そして挙げたい結婚式のスタイルや条件も様々です。
実際には結婚式の3ヶ月前くらいから準備がいそがしくなりますので、お仕事の繁忙期や異動の時期と重ならないかなど、
ご自分のお仕事の周期を確認しておくと良いでしょう。
また、おめでた婚の場合は新婦さんの体にかかる負担も大きいので、悪阻があるか、何週目に入るのか、いつから安定期かなどによって結婚式の日取りを考える必要が出て来ます。ドレスを着る場合にはサイズがどんどん変わりますのでそれも含め検討してみてください。
ファミリーウェディングを挙げたい方は、お子さんの進級の時期は大丈夫か?行事と重ならないかなどの確認も必要ですし、お子さんの体調管理をしながら結婚準備を進めるのも意外と大変なものですので、準備に余裕のある日を選びましょう。いつにしようか決められない場合は、経験豊富なプロに相談してみるのも一つの方法です。

 

2、ご両家のスケジュールを確認しておく

おふたりの結婚式ですから、記念日などおふたりだけで決めても良いのですが、ゲストあっての結婚式だということを考えて日取りを決めるのも大切です。
特に親族を呼びたい場合には、ご両家のスケジュールを聞いてみることもお忘れなく!!
他の親族の結婚式と日程が重なっていた!親族の法事を忘れていた!親族のお子さんの行事(運動会など)と重なってしまった!など、お招きしたゲストに来ていただくのが難しくなってしまったケースがあることも。
ご両家の親御さんが「二人で決めていいよ」と言ってくれたから、と何も聞かずに決めてしまうと、後々無駄なキャンセル料がかかってしまう場合もあるので、ご両家のスケジュールは先に確認しておくと安心です。

 

3、六輝のチェックをする

年配のゲストの中には、特に六輝を気にされる方もいらっしゃいます。
婚礼に向いている日は大安と友引というのは有名ですよね。しかし土日で大安か友引、と縛りをかけて日取りを選んで行くと、選択肢が減ってしまうのも事実。
そこでお伝えしたいのが、六輝は大安と友引に限らず、時間帯によって吉と同じ意味をもつ日柄があります。
例えば、先勝であれば午前中は吉、先負ならば午後が吉、赤口であれば正午(11時〜14時頃)は吉といったことです。また六輝では良くないとされている仏滅であっても、一粒万倍日や天赦日(てんしゃび)といった婚礼に向いている日の場合もあります。自分たちの日取りを色んな角度から見てみることをおススメします。
*一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)とは?一粒の籾をこの日にまくと万倍にも増えるのはお祝い事に向いている日とされています。
*天赦日(てんしゃび)とは?日本の吉日で最高の吉日と言われている、年に数回しかない貴重な日です。

 

4、いつごろ結婚の報告するか?をすり合せしておく

結婚の報告をする場合に、嬉しくて先にSNSで報告したくなる方もいらっしゃるかもしれません。ただインターネットやSNSはどこで誰が見ているか分からないものです。自分が発信した事をたまたま繋がっていたパートナーの同僚が知って、その人から上司に伝わってパートナーが気まずい思いをしたなど失礼のないように、まずは近しいご親族の方や上司の方に報告する、などお互いに報告の順序を決めておくのがマナーと言えます。気軽に発信出来るこの時代だからこそ、パートナーへの思いやりもとても大事です。

 

5、「結婚記念日について」はなしておく

カップルさんとお話する時に、意外とお互いの共通の認識になっていないのが「結婚記念日はいつにするか?」ということ。
最近は入籍日と結婚式を挙げる日が違うカップルさんも多くいらっしゃいます。入籍日にするのか?結婚式を挙げた日にするのか?どちらが正解という事はありません。
何年後も大切にして欲しい二人の記念日。この機会にぜひ決めておいてください。

 

【まとめ】
結婚式を挙げる事がきまったら、いつ結婚式を挙げるのか?というのはとても大事なことです。
何年後もずっと大切な記念日となるのですから。
パートナーのことやお互いの両家のことを考えながら、二人の結婚式を挙げる日を導きだしてください。こうやってお互いのことを考える時間はとても大切な時間となります。結婚準備は家族になっていく期間でもあります。どうぞ楽しい結婚準備期間になりますように。